払えない住宅ローンは『任意売却』で解決!
払えない住宅ローンは『任意売却』 > 対処方法 > 連帯保証人はどうなる?

連帯保証人はどうなる?


連帯保証人はどうなる?

日本では金融機関からお金を借りる時には、連帯保証人を要求される事がほとんどです。
その金額にもよりますが、しっかりとした融資を受ける場合にはほぼ連帯保証人が必要になります。
この連帯保証人ですが、債務者が自己破産をするような状態になった時にはどうなるのでしょうか。

連帯保証人と言うのは、そもそも、債務者が借りたお金を支払えなくなった時に代わりに支払う役割を担っているものです。
その為、債務者が借りたお金を支払わない、支払えない状況になった時には当然影響が出てきます。

大抵の場合は借金を返せない、支払えないとなった時には、自己破産をする事が多いですが、自己破産によって自分の借金は帳消しになるものの、その借金は連帯保証人にそっくりと請求が行くようになるのです。

自己破産と言うもの自体は、個人が破産を申し立てて、申し立てた本人に限定された措置です。
その為、本人の借金は免責されたとしても、連帯保証人が要る場合は、連帯保証人が保証債務を負う事になるのです。

これは自分が借金をする時に連帯保証人を付ける場合に限った事ではなくて、逆の立場である事も考えられます。
身内や友人が借金をするために自分が連帯保証人になるケースも考えられると言う事です。

そうなった時に、借金をした人が自己破産をした場合には、全てが連帯保証人である自分のところへ降りかかってきますので、どれほど迷惑な気持になるかも想像出来る事でしょう。

連帯保証人が自己破産したら?

連帯保証人が自己破産をした場合は、契約の内容にもよりますが、連帯保証人の交代や残債務の一括返済などを請求される可能性が出てきます。
また、金融機関も、信用調査と言う物を行っているので、連帯保証人が自己破産をしているかどうかと言う事はいずれバレてしまいます。

その為、出来るだけ自己破産を避ける事はもちろんなのですが、どうしても自己破産をしなければならい状況の時には、事前に相談をする事がおすすめです。


ページトップへ

払えない住宅ローンを解決する不動産売却会社ランキング

1千里コンサルティングオフィス

おすすめの理由
  • 任意売却の専門会社
  • 各種メディアにも掲載
  • 大阪、神戸、京都に相談室を常設

利用者の声
29歳 (女性)「デメリットもきちんと説明」
方法が全く分からなかったのですが、デメリットもきちんと説明してくれ、納得した上でお任せすることができました。

公式サイトはこちら

2友進ライフパートナー

おすすめの理由
  • 専門的な知識や技術を駆使
  • 不動産のプロフェッショナル
  • 南海高野線の堺東の駅前すぐ

3エイミックス

おすすめの理由
  • しつこい営業なし
  • 法律と不動産の専門家がいる
  • 真摯に向き合ってくれる

ページトップへ

運営者情報