払えない住宅ローンは『任意売却』で解決!
払えない住宅ローンは『任意売却』 > 対処方法 > 親子間売買・親族間売買

親子間売買・親族間売買


親子間売買・親族間売買とは?

マイホームなどの物件を購入してもローンが支払えない状況になった時に、任意売却の手続きを考える人は多くいます。
その時に大多数の人が自分のマイホームに住み続けたいと言う願望を持っているものです。

その理由はさまざまですが、どうしても愛着があったり、手放したくないと言う思いが強い傾向があるのは事実です。
そんな時に役立つのが、親子間売買・親族間売買です。

これは、自分のマイホームを自分の次の世代の親族に売却したり、または親族でも夫婦の間で売買を行う事を言います。
この親子間売買・親族間売買をする事で、購入してくれた親族と交渉する事で、自分自身はマイホームだった家に住み続ける事が出来ると言うメリットがあります。

しかし、デメリットも存在していて、最近ではインターネットで情報収集をして、親子間売買・親族間売買を積極的に金融機関に申し込む方が増えていると言われていますが、大抵の場合は断られてしまうのです。

何故かと言うと、親子間売買は、難易度の高い売買の方法であり、その他にも、申し込みをして断られた履歴と言うのが半年間の間金融機関に残ってしまうのです。
つまり、専門家や専門知識の豊富な業者に依頼する事がベストな方法なのです。

なぜ親子間売買・親族間売買は難しいのですか?

大抵の場合、金融機関にこれらの申し込みをしても断れてしまうには理由があります。
多くの場合は、金融機関側が、不当に安く(または高く)売買されてしまう可能性や、融資したお金の使い道が不透明になる可能性が高いからです。

そこは信頼関係があれば良いと思う方もいるでしょうが、そこまで甘くはない話であり、一筋縄、素人でインターネット上から知識を得たくらいではなかなかクリアする事が出来ないと言われています。

かと言って絶対に不可能と言うわけでもありません。
中には、こうしたケースでも融資してくれる金融機関がありますので、専門家に相談する事が必要となります。


ページトップへ
<

運営者情報