払えない住宅ローンは『任意売却』で解決!

生活費の見直し


生活費の見直しってどうやってやるの?

生活費の見直しをする時には、ついつい食費を抑えたり、新聞をやめたり、余計だと思えるものから削っていく事が多いのではないでしょうか。
しかし、もっと効率的に生活費を見直すにはコツがあるのです。
それは固定費の見直しです。

固定費と言うのは、家賃、自動車関連の費用、通信費、保険料など、毎月固定された金額で支出する金額の事を言います。
食費等は流動的で、季節によっては旬の食材が安く手に入る事もあるので対象にはなりません。
生活費の見直しをするなら、まずは固定費を見直す事に着目する事から始めます。

固定費の見直しで一番優先順位が高いのは、一般的に保険料と自動車関連の費用だと言われています。
保険料には、生命保険や医療保険、年金、学資保険などのいろいろな種類が含まれていますが、どれも必要不可欠だと思って毎月支払っている方もいる事でしょう。

しかし、必要以上の保障と言うのは今現在の時点ではいらない可能性があるのです。
例えば、死亡保障に一億円、入院の保障に日額二万円などの生命保険に入っている場合は、それを半額にする事で保険料もかなり安くする事が出来ます。

場合によっては、もっと格安な共済や医療保険だけでも良いのです。
つまり、必要最低限の保障でも十分だと言う事です。

次に自動車関連の費用ですが、主に、駐車場代やガソリン代、自動車保険、税金、ローン等があります。
これらは自動車を持つなら必要不可欠な出費ですが、自動車の排気量を小さくする事、つまり軽自動車にしたり、保険内容も見直して必要最低限にする事で格段に安くする事が可能です。

この他にもいろいろあります

固定費の見直しにはこの他にも携帯電話の基本料金、通信費、電気の基本料金、住宅ローンの借り換え、利用頻度の少ないクレジットカードの処分、習い事や趣味の経費などを見直す事でも出費を抑える事が出来、特に趣味などに関しては必要最低限にする事で大幅な節約が出来るでしょう。


ページトップへ

払えない住宅ローンを解決する不動産売却会社ランキング

1千里コンサルティングオフィス

おすすめの理由
  • 任意売却の専門会社
  • 各種メディアにも掲載
  • 大阪、神戸、京都に相談室を常設

利用者の声
29歳 (女性)「デメリットもきちんと説明」
方法が全く分からなかったのですが、デメリットもきちんと説明してくれ、納得した上でお任せすることができました。

公式サイトはこちら

2友進ライフパートナー

おすすめの理由
  • 専門的な知識や技術を駆使
  • 不動産のプロフェッショナル
  • 南海高野線の堺東の駅前すぐ

3エイミックス

おすすめの理由
  • しつこい営業なし
  • 法律と不動産の専門家がいる
  • 真摯に向き合ってくれる

ページトップへ

運営者情報