払えない住宅ローンは『任意売却』で解決!

金融機関との交渉


金融機関との交渉とは?

マイホームなどの物件選びをする時に、利回りを重視する人は多いと言えます。
しかし、契約をする時点で借入金利を下げる事を考える人は意外にも少ない事が多いのです。
融資が承認されるかどうかに関心が高まってしまって、金利は後回しになる事が多いからです。

しかし金利と言うのはマイナスの利回りです。
出来るだけ最初から低く設定してもらう事が良いのです。
こうした場合には金融機関と交渉をする事が必要になる、またはしてみる事がおすすめなのです。

金融機関との交渉をする際には金融機関の上席の方と直接コンタクトを取る方が有利になります。
なぜなら、金融機関の新人のペーペーに話をしても全く相手にされないか、話にならないからです。

知人や不動産会社などの紹介と言うような強力を得て、なるべく上席のポジションの窓口を探す事が大切なステップなのです。

窓口になる上席の人間が決まったら、その他の金融機関と比較していると言う事を知らせるために、他の有利な融資、またはその実績があると言う事実を作りましょう。
そうする事で金融機関同士の競争意識を持たせる事が出来ますし、より良い条件で融資を受ける事が出来る可能性が出てくるからです。

金融機関との交渉は初めての場合は難しい事もあります

初めて金融機関との交渉をする時には、他の金融機関との競合をさせる事はなかなか難しいかもしれません。
あくまでも既に他の金融機関で融資の実績がある事が必要な条件で、まっさらな初回の融資の場合には対応してもらえない事があります。

購入するマイホームなどの物件に対する融資を優先させるなら、ある程度の金利で妥協する事も必要なのです。
しかしここで諦める必要はありません。

マイホームなどの物件を購入後でも、順調に支払いをして行き、残債も減っていくようなら、他の金融機関への借り換えをちらつかせて、金利引き下げの交渉をする事も出来ます。
焦らずに金融機関との交渉のタイミングを計る事も大切です。


ページトップへ
<

運営者情報