払えない住宅ローンは『任意売却』で解決!
払えない住宅ローンは『任意売却』 > 対処方法 > 金融機関へ借り換え手続き

金融機関へ借り換え手続き


金融機関への借り換え手続きとは?

住宅ローンは通常は一か所の金融機関から融資を受けてローンの契約をします。
しかし、契約をした時は、ベストな契約、支払い金額だと思ったとしても、ライフスタイルは二十年、三十年の間に変化します。

経済状況にも変化がある事でしょう。
こうした変化に適応するためには、住宅ローンの借り換えが必要なのです。

金融機関との相談になりますが、借り換え手続きは一般的には既存の契約をしている金融機関とは別の金融機関で新しいローンを借り入れて、毎月の返済額を少なくするように工夫すると言うものです。

また金利の種類によってもタイミングがありますし、二本以上のローンがある場合は一緒に借り換えることも必要な手続きになります。

ちょっと面倒な印象を受ける方もいるかもしれませんが、基本的には新しく借り入れする金融機関の手続きで済むので、そう難しく考える必要はありません。
注意したいのは金利とタイミングです。

借り換え手続きの手順は?

まずは新しく借り入れする金融機関を決めて、申し込んで審査を受け、承認されると既存のローンを一括返済すると言うのが大まかな流れです。

1.新しく借り入れる金融機関のローンを検討して決めます。
2.申し込みをして審査を受けます。
3.承認がおりたら既存のローンの金融機関に一括返済を連絡します。
4.新しい金融機関で必要な手続きを進めます。
5.融資されたら既存のローンの完済をします。
6.既存のローンに付帯していた抵当権を抹消して、新しい金融機関の抵当権を設定します。

これらの手続きに必要なものでは、所得証明、住宅の登記簿謄本、権利証、住民票、印鑑証明等があります。
こうした必要書類などは金融機関から指示されると同時に、いつまでと言う期間をもって準備するように言われますので、迅速な対応をしておく方が良いです。

全ての手続きが完了するまでにはおよそ一週間ほどかかると言われています。
時間に余裕を持つようにすると良いでしょう。


ページトップへ

払えない住宅ローンを解決する不動産売却会社ランキング

1千里コンサルティングオフィス

おすすめの理由
  • 任意売却の専門会社
  • 各種メディアにも掲載
  • 大阪、神戸、京都に相談室を常設

利用者の声
29歳 (女性)「デメリットもきちんと説明」
方法が全く分からなかったのですが、デメリットもきちんと説明してくれ、納得した上でお任せすることができました。

公式サイトはこちら

2友進ライフパートナー

おすすめの理由
  • 専門的な知識や技術を駆使
  • 不動産のプロフェッショナル
  • 南海高野線の堺東の駅前すぐ

3エイミックス

おすすめの理由
  • しつこい営業なし
  • 法律と不動産の専門家がいる
  • 真摯に向き合ってくれる

ページトップへ

運営者情報