払えない住宅ローンは『任意売却』で解決!

催告状


催告状が届くまでの流れ

住宅ローンの支払いをしていても、予期せぬライフスタイルの変化、例えば、ボーナスのカットや、離婚や病気、その他のイレギュラーな出来事によって、支払いが難しくなる事があります。
住宅ローンは一円でも口座に入っている金額が足りなければ、引き落としにはなりません。

そのため、思わぬところで滞納してしまう事もあります。
滞納期間が一般的な銀行でおよそ三ケ月程度、住宅金融支援機構で六ケ月程度を過ぎるとまずは督促状が届き、支払いをするように催促されます。

一般的な銀行で四回以上、住宅杞憂支援機構で七回以上、住宅ローンの支払いが滞ると、催告状が届きます。

催告状が届く状態と言うのは、非常にマイホームにとっては危機で、競売にかけられる一歩手前の状態と言っても良い状態です。
競売を回避したいなら、この機会がラストチャンスだと思って良いでしょう。

この時点で住宅ローンを支払うための努力を行っていないと、じきに競売にかけられる、つまりマイホームを手放さなくてはならなくなるのです。
そうなる前に、出来る限りの事をして、一ケ月分だけでも支払うようにしたいものです。

催告状は最終的な通知だと思って早急な対処を!

催告状は前述したように住宅ローンを一定期間滞納し続けた場合に、最終的にこれ以上の滞納は出来ませんよ、と言う意味の通知です。
これが届いた場合で、一般的な銀行でローンを組んでいる場合はもはや猶予期間は無いと思っていた方が良いでしょう。

催告状には、これまで滞納しているローンの金額と、遅延損害金の合計額の支払いを求める内容が記載されていて、それを支払う事が出来ない場合には、住宅ローンの契約自体の権利を失う事になってしまいます。

そうなるとマイホームは手放すよりほかなくなるので、専門家に相談し、何らかの手を打つと言う事が必要になりますし、一刻も早く、住宅ローンを支払うと言う行動が求められるのです。


ページトップへ
<

運営者情報